常に、時代の丘に立て~
その時、時代の風は、吹く~
新しき時代の風は、必ず吹く!

第Ⅰ事業本部

IoT/M2M 事業
Beacon を用いたアプリ/サービスの企画、開発、導入、運営

第1事業部  ●営業課 ●制作課

飲食・ホテル向けアプリ『Put Menu』※の導入サービス
※『Put Menu』は、Putmenu, Inc.(米国ネバダ州)、ボクシーズ株式会社(東京都)、帝人株式会社(大阪市中央区)、株式会社セルクロス(東京都)、株式会社タグキャスト(東京都)などのPut Menu Group 企業によるIoT(ビーコン技術)を活用した飲食店・ホテル向けの全く新しいサービスです。
※ 弊社(タイムヒル社)では、そのサービスの導入(アプリへの各店舗のメニュー登録、翻訳チェック&修正、機器の設置等)と共に、「多言語同時翻訳チャットコンタクトセンター(飲食店・ホテル向け)」のサービスを行います。

【Microsoft CEO Satya Nadella(基調講演)でのPut Menu の紹介】
【Put Menu の米国サイト】
【Put Menu の概要】
【Put Menu の概要(PDF)】
【Paper Beacon (帝人)紹介】
【ロボホン(シャープ)連携】
【弊社による「多言語同時翻訳チャットコンタクトセンター」のご案内】
【Beaconとは何?】

第2事業部  ●営業課 ●制作課

観光客および一般向け 多言語自動放送Private Radio の企画・開発
IoT/M2M 関連諸技術を用いて、「個人一人一人の生活や行動様式に準拠して、かつ、時間と場所の情報を加味した、自動編集放送プログラム」を企画・開発、ご提供いたします。
たとえば、日本を訪れている観光客向けに、母国語のニュースや音楽が流れたり、その方個人が「今、そこ」にいる、その時間と場所にあわせて様々な観光情報を自動的に流したり、などが考えられています。

第3事業部  ●営業課 ●制作課

観光客および一般向け 多言語自動応答 Chat Robot の企画・開発
チャットのできるロボットは既に存在します。しかし、ただ単に、そして誰にでも同じように応える会話ロボットではなく、会話の相手の「志向性」「時間と場所の情報」を自動的に取得して個別の話し方のできる会話ロボットの研究に取り組んでいます。
東京大学の研究者と共に、「志向性」「時間と場所」によって、どのように人間の自由な発話が影響を受けるかについて、追求しています。

Copyright(c) 2016 Timehill Inc. All Rights Reserved.