常に、時代の丘に立て~
その時、時代の風は、吹く~
新しき時代の風は、必ず吹く!

<秋学期の東京会場分は冬学期へ延期となりましたのでお知らせします>

<河田氏の他講演会>

<天正10年5月15日の献立>

==下記の“春季特別講座”は終了いたしました==

昨年秋に始まりました「対話型市民大学講座~哲学の学校(スコラ・ピロソピアエ)」は、今年度より「AI時代の対話型新・市民大学講座~スコラ・タイムヒル」として、新たに医学と法学の講座を開設する予定です。(医学は夏学期より、法学は秋学期より。)

それに先立ち、医学、法学、哲学の先生方が一同に会し、講義、シンポジウム、カフェなど多様な形式をとる「春季特別講座」を3月11日(10時~19時)に開催いたします。

下記の「参加費」で全講座を受講いただけます。(なお、1講座だけの受講でも同額となります。)

++春季特別講座 時間割++

※会場
[第1〜5講]>2Fコンフェランスルーム
[第6講]>1F レストラン(ドリンク付き)

[第1講]10:30〜12:00 (司会:狭間)
日下部 吉信 先生(立命館大学名誉教授)
「ギリシャ哲学」

[第2講]12:00〜13:30 (司会: 森)
轟 孝夫 先生(防衛大学校教授)
「ハイデガーの哲学」

[第3講]13:30〜15:00 (司会: 時岡)
川田 裕美 先生
「医療と社会/診療の新しい形」

[第4講]15:10〜16:30(司会:時岡)
=合同シンポジウム=
川田 裕美 先生(医学)
塚本 潔 先生(法学)
日下部 吉信 先生(哲学)
小川 侃 先生(哲学)
轟 孝夫 先生(哲学)
「<医学✖️法学✖️哲学>三学問が“現代”を問う!」

[第5講]16:30〜18:00(司会:橡村)
小川 侃 先生(京都大学名誉教授)
「現象学」

[第6講]17:00〜19:00 (司会: 時岡)
笹岡 健太先生(京都文教大学講師)
「“身近な常識”を様々な視点で見ると、何が見えるか? 」

==下記は、昨年度実施の「哲学の学校」の概要です。==

開催概要

(1)はじめに

京都(京都市役所前 ※会場は以下に記載)におきまして「哲学の学校(スコラ・ピロソピアエ)」を開講することになりましたので、ご案内をいたします。
著名な哲学の先生方を東西からお招きし、これまでにない白熱した本格的な哲学教室を目指すとともに、研究や専門、大学の枠などを超えて、広く一般の方々のご聴講を願っています。

(2)趣旨

“哲学”は、難しい学問のように思われがちですが、決して研究者や哲学科の学生だけのものではありません。それどころか、年齢や職業にかかわらず、誰でもが「自分で考えてみる」という実践ができるとても楽しい学問です。それは<いつはじめても>できるものです。しかし、そのきっかけは、様々です。1人で哲学書を読むのもよいでしょうが、この講座では、「自分で考えてみる」ことのきっかけづくりができれば、と考えています。

(3)特長

上記のような趣旨で開講するこの講座の特長は、以下の三点にあります。


  • ① 一方的な講義や単発の質疑応答という従来の講義スタイルをとりません。
    先生方による約1時間の先行講義のあとは、先生方と受講生の「対話」の中で何かを求めて行きたいと考えています。各自が「自分で考える」能力を身につけ、また、その中で何かを「自ら発見する」事に喜びが生まれると思います。
  • ② この講座は、場所としては京都で、また時間的には一定の時間割に沿って行われますが、その内容は、後日YouTubeのような動画サイトやメールマガジンなどでも視聴ができるものとなる予定です。
  • ③ 上記のような媒体を通じて広範囲に視聴頂ける内容を、AIの自動翻訳機能によって多言語化し、将来多言語に翻訳し、世界各地の人々にも発信していこうと考えています。

(4)受講料(税込)<1講義2h分> 

※受講料のお支払いは、受講当日または受講日前に下記開催場所にて現金でお支払いください。
※お支払い後の受講料の返金は、①講師の都合による休講 ②甚大な災害等による交通機関の停止時に限定させて頂きます。
◆一般の方 ¥2,000  ◆学生の方 ¥1,000  ◆中高生 ¥500
●割引受講料・・・3講義分以上を事前に受講予約される場合、10%割引となります。
例:学生の方が、受講開始前に5講義分を予約される場合、通常価格¥5,000が¥4,500になります。

(5)開催場所

■京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403 FISビル 2F 会議場

Copyright(c) 2016 Timehill Inc. All Rights Reserved.